コンプレックスの原因
2017.04.25

綺麗な顔立ちの女性都内の美容皮膚科には、連日、ご自身のコンプレックスを解消したいと願う女性が大勢詰めかけています。
そして、他人からするとコンプレックスになりそうもない理由が、患者さん本人にとっては、大変なコンプレックスとなっていることも少なくはありません。
では、東京の美容皮膚科を訪れる患者さんは、どのようなコンプレックスを解消するために、わざわざ美容皮膚科を訪れるのでしょうか?

都内の美容皮膚科を訪れる患者さんのコンプレックスで多いと考えられるのが、以下の悩みです。

・シミ
シミができる最も大きな原因、それは紫外線です。そして、10代や20代であれば、お肌のターンオーバーとともに、紫外線で表皮に現れたシミであっても、比較的短い期間で自然に薄くなって行きます。
ところが、ターンオーバー周期が徐々に長くなる30代以降になると、ひとたびできたシミはなかなか薄くならず、どうかするとそのままお肌に色素沈着として残ってしまうことも考えられます。
小さなシミであっても、患者さんご本人にとっては大問題。大きなコンプレックスになってしまうこともあります。
シミは、レーザー治療やケミカルピーリング、フォトフェイシャルなどで改善することができます。
・シワ
シワは年齢のシンボルともいえる現象で、アンチエイジングを願う方にとっては、たとえ薄いシワ1本でも許せないでしょう。
シワはヒアルロン注射やボトックス注射でお手軽に改善することもできますが、これらの持続効果は数カ月間程度であるため、根本的にシワを改善して行きたいのであれば、サーマクールやレーザー治療などの治療が適切でしょう。
・毛穴のトラブル
年齢とともに目立ってくるのが、毛穴の開きです。毛穴の開きは頬の筋肉の緩みがおもな原因となって起こります。
そして、毛穴の黒ずみがコンプレックスになっている方も多く、この場合では、年齢を問わず改善したいと願う方が多いようです。
これらのコンプレックスは、各種レーザー治療で改善することができます。
・ニキビ跡
ニキビ跡には、赤みタイプ、色素沈着タイプ、クレータータイプがあり、いつまでも改善されないと、これがコンプレックスになることがあります。
特にクレータータイプのニキビ跡は、セルフケアでの解消は難しいと考えられていますので、美容皮膚科でレーザー治療を受ける必要があります。

美容皮膚科には、お肌のコンプレックスに対するさまざまな治療法が用意されています。あなたがなんらかのお肌のコンプレックスをお持ちなのであれば、この機会に東京の美容皮膚科でカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

▲ ページトップへ