皮膚への扱いは慎重に
2017.04.25

美しい女性都内の美容皮膚科では、皮膚に関するさまざまな悩みに対応することができる治療がたくさん用意されています。
ですが、それらの治療の中には、皮膚への取り扱い方が慎重になる種類もあるようです。
では、それはいったい、どのような治療なのでしょうか?

筆頭に挙げられるのは、レーザー治療です。
東京にあるほとんどの美容皮膚科ではレーザー治療の取り扱いがあり、おもにシミを改善したいと考える患者さんたちから絶大な人気を得ているようです。
ですが、レーザー治療を行うに当たっては、かなり慎重にお肌の様子を観察しながら行わなくてはなりません。
それは、レーザー治療は一歩間違えるとやけどの危険性があるからです。
東京にある美容皮膚科の医師はプロですので、皮膚に問題がなければ、レーザー治療によるやけどの心配はまずありません。
ですが、実際には敏感肌やアレルギー肌なのに、それを医師に告げずにレーザー治療を受けてしまった場合では、お肌がレーザーに過敏な反応を示し、やけどをはじめとする肌トラブルが現れることがあります。
あなたがもしレーザー治療をお望みなのであれば、もともとの肌質や体調など、必要なことはすべて医師に伝えておきましょう。
・ケミカルピーリング
シミ治療として、レーザー治療と並んでポピュラーなのがケミカルピーリングです。そして、ケミカルピーリングもまた、医師が慎重になる治療であるといわれています。
ケミカルピーリングは、サリチル酸やグリコール酸などの薬剤をお肌に塗り、人工的に古くなった角質を剥がすための治療です。
そして、この治療を数回続けて行うことにより、シミ改善や美白効果を期待することができます。
ところが、この治療は思いのほかお肌への負担が大きいため、アレルギー肌や敏感肌の方の場合では、施術後に肌トラブルが起こる可能性があります。
この治療もまた、受ける前には必ず必要事項を医師に伝えておく必要があります。

美容皮膚科に行けば、お肌の悩みが解消される。このような思いだけで美容皮膚科での治療を希望される方がいらっしゃるかもしれません。
ですが、治療の種類によっては、もともとの体質や肌質を事前に医師に伝えておかないと、治療中や治療後に思いもよらぬ肌トラブルが起こることも考えられます。
美容皮膚科で治療を受ける際には、カウンセリング時にご自身の体質や肌質、現在の体調などを、きちんと医師に伝えておきましょう。
これにより、医師は安心して治療を行うことができますし、患者さんもその後の肌トラブルを心配することなく、安心して治療を受けることができます。

▲ ページトップへ