結果に満足できない場合
2017.04.25

綺麗な女性都内の美容皮膚科には、お肌全般に関するさまざまな治療法が用意されています。そして、お肌そのものの治療とはまた別の、医療レーザー脱毛メニューが用意されていることもあります。
都内の美容外科でこれらの治療を受けた方のほとんどは、その結果に満足しているようですが、中には結果に満足できない方もいらっしゃるようです。
では、そのようなときにはどのように対処すれば良いのでしょうか?

まず、美容皮膚科にクレームを入れる前に、その治療は1回で効果が現れるものなのかどうか、再度確認してみて下さい。
たとえば、都内の美容皮膚科ではサーマクール、フォトフェイシャル、医療レーザー脱毛、メソセラピーなどの治療を取り扱っていますが、これらの治療はすべて1回で効果を実感できるものではなく、数回の治療が必要です。
そして、過度な効果を望んでいないか?という点についても確認してみましょう。
たとえば、少々極端な例ではありますが、あなたの年齢が現在40歳として、18歳のお肌を望んでいるということになると、かなり無理があることがわかります。
美容皮膚科の医師は魔法使いではありませんので、効果がないと感じたのであれば、ご自身が無理な要求をしていないかという点を確認することも大切です。
また、メソセラピー(脂肪溶解注射)を受けたとしても、暴飲暴食を繰り返していれば、その効果はなかなか現れてこないことも考えられます。
美容皮膚科で治療を受けるのであれば、必要な治療回数、仕上がりの確認、ご自身の努力、この3点に注意を払う必要があるでしょう。
特に、必要な治療回数と仕上がりの確認は重要ですので、この部分についてはカウンセリングでしっかりと確認しておきましょう。

ですが、例外もあります。
それは、医療レーザー脱毛後の結果です。
医療レーザー脱毛は、レーザーを毛根部分に照射して行う脱毛方法ですが、レーザーが毛根部分から外れて照射されてしまうと、脱毛効果を得ることができません。
この状態を”照射漏れ”と呼びますが、この場合では再照射を行う必要性が出てきます。
そして、美容皮膚科によっては無料で再照射を行ってくれるところもありますので、おかしいと感じたのであれば、遠慮なく担当医に相談してみましょう。
医療レーザー脱毛はハイパワーのレーザーで治療を行いますので、毛根部分にレーザーがしっかり照射されれば、脱毛効果は必ず現れてきます。
また、その他の治療についても結果に満足できないという場合には、ひとまず担当医に相談してみましょう。
場合によっては再治療を行ってくれたり、そうでなければ、さらに効果的な治療を紹介してくれたりするはずですよ。

▲ ページトップへ